人気ブログランキング |

MTBルックで自転車通勤およびハローワーク編改め・・・


by MTBlook44

<   2011年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

”工作員”・チャウセスク菅は、最後まで最低だった。


菅直人首相は30日、内閣総辞職にあたって「首相談話」を発表した。談話は、昨年6月の菅内閣発足からの「社会保障と税の一体改革」「日米同盟深化」「原発事故の収束」-などで成果を挙げたと主張した。また、「必ずしも十分な対応ができなかった点については、大変申し訳なく思う」と陳謝した上で「歴史がどう評価するかは後世に委ねるが、私をはじめ閣僚全員は持てる力のすべてを挙げて誠心誠意取り組んできた」と強調している。


後世に委ねるまでもなく、「日本憲政史上の汚点」であり、品位・人格最低の首相だった。
西岡参院議長が、閉会に当たって、菅政権を批判したそうだが、全くの正論だ。

新政権では、工作員疑惑や福島第1原発パフォーマンス視察疑惑・海水注入中断疑惑を追及し、粛清してもらいたい。
by MTBlook44 | 2011-08-31 20:03 | エトセトラ
自身の退陣表明を受け、新代表選挙を行っている真っ最中に、
”チャウセスク菅”が、またもや不可思議な行動をとった。


菅直人首相は29日、首相官邸で高木義明文部科学相と会談し、北朝鮮による韓国砲撃を受けて昨年11月から停止している朝鮮学校10校に対する高校授業料無償化適用の審査手続きを再開するよう指示した。無償化に見合う就学支援金の支給までには、文科省による実地調査などを経るため3カ月程度かかる。昨年11月の申請時点の在校生は計約1800人で、文科省は今春の卒業生約700人の救済措置も検討する。朝鮮学校への適用審査停止を巡っては、教育を受ける権利や平等権が侵害されたなどとして、東京、愛知、大阪などの朝鮮学校で国家賠償訴訟を起こす動きがあり、9月初旬にも提訴する準備を進めていた。この日、会見した高木文科相は「北朝鮮と各国との対話の動きを踏まえ、首相は事態が砲撃以前の状況に戻ったと判断した。基準に基づいて粛々と審査を行っていく」と説明したが、退陣直前の判断だけに反発も予想される。【木村健二】


まさに、ドサクサ紛れの非常識極まりない行動ではないか?

”菅直人”は、やはり工作員ではないのか?

公安は、徹底的に調査すべきだ!
by MTBlook44 | 2011-08-29 19:47 | エトセトラ
”チャウセスク菅”に続いて、またもや、「絶対に選んではダメ」と主張していた野田財務相が、民主党新代表となった・・・。


最悪だ・・・。


財務官僚の”高笑い”が聞こえる・・・。



これで、増税一直線だ・・・。


平国民の生活は、これで終わったな・・・。


民主党議員は、次期衆院選挙で全員落選しろ!
by MTBlook44 | 2011-08-29 19:40 | エトセトラ

”マスゴミ”の極み

今日1日、テレビの報道番組は、民主党代表選の特番。
しかし、その内容はというと、「反小沢」・「親小沢」の観点を中心にした質問ばかりで、
全く国民が知りたいものとはかけ離れているように思えた。
国民には、現時点ではこの5人のだれかに期待するしかないのだ。
そこんところをしっかり考えろ!


バカマスコミ!


1日各テレビ局をハシゴしている候補者も気の毒というか、
何の前向きな話が出せないし、誰が期待できそうかももわからない
(野田だけは、絶対にダメだけど・・・)。


はっきり言えば、今日の政治不信は、政治家が招いたものではあるが、
マスコミの責任もかなり大きい。


”マスゴミ”の極みの1日だった・・・。


これでは、被災地の方々も残念無念だろう・・・。
by MTBlook44 | 2011-08-28 18:49 | エトセトラ
東電が値上げ申請をする方向らしい。


東京電力が、電気料金の10%以上の値上げを政府の第三者委員会「経営・財務調査委員会」に打診したのは、停止した原子力発電を補うためにフル稼働した火力発電の燃料費負担が重く、その他の経費削減だけでは吸収しきれないと判断したためだ。


でも、東電が以前発表したリストラ策の結果は、どうなっているのか?
そういう発表がなく、「値上げ」で解決しようというのは、
自分たちに都合が悪い情報を隠す官僚(財務省)体質とまったく同じだ。

そして、前リストラ策が不十分であるならば、
役員報酬のカットや企業年金のカットを行うべきだが、そういう話は聞こえてこない
(上っ面だけ騒ぐだけ騒いで、フォローしない”マスゴミ”の問題が大きいが・・・)。

これまで、”エリート企業”を満喫してきて、
すべてを失った一部の福島県民をはじめ、
日本中の国民に少なからず迷惑をかけているのだから、
平国民以下の待遇になるのは、当然だ。

どうも、日本はどこまでも特権階級優遇の国のようだ。

それでいて、「消費税増税」による全国民の”公平負担”とは、呆れるばかりだ。

つくづく民主党には、騙された・・・。
by MTBlook44 | 2011-08-28 17:02 | エトセトラ
やっと、財務官僚を批判する記事が出てきた。


財務省のある幹部は「いやあ、外準は実は借金(FB発行のこと)でまかなわれているのだから、資産としてはないも同然で、使えませんよ」と一笑に付していた。ところが、今回はちゃっかりと解釈を変え、企業向け融資財源として活用すると言い出したではないか。しかも効果に乏しいどころか、国内投資を減らし、デフレを助長するとんでもない政策である。正解を無視するから、ゆがんだ回答しか出てこない。それにしても、なぜこうも愚かな制度を財務官僚たちは設計したのだろうか。考えられるのは、「円高緊急対応」と銘打った財務省利権拡張動機である。外準融通は事実上財務省系列にある国際協力銀行経由で行われる。財務省管轄の資金は財務官僚の世界で活用するという具合で、いかにも次元が低い。


その腐った財務省に乗ったのが保身・権力欲の塊の最悪の政治屋”チャウセスク菅”であり、さらにそれを継承しようとしているのが野田財務相だ。

野田が首相になったら、もう平国民は耐えられない。

財務省にテポドンを落としてもらいたいくらいだ。

そのときも、「復旧・復興よりも、財源確保が先だ」というのか?
by MTBlook44 | 2011-08-28 14:52 | エトセトラ
マスコミは、チャウセスク菅の退陣表明を受けた民主党代表選の報道ばかりだが、
その同じころ、チャウセスク菅が許されない”最後っぺ”をしていた。


この日、菅首相は福島市で開かれた「原子力災害からの福島復興再生協議会」の最終盤に顔を見せ、地元首長らに「(放射性物質の)除染が重要」と強調。ところが佐藤知事との面談で一転し「帰郷困難」に触れた。さらに放射性廃棄物の中間貯蔵施設についても「県内での整備をお願いする」と明言した。佐藤知事は「県民にとっては本当につらい重い話。住民の帰還(が一部で不可能かもしれないとの)見通しを示す前に、事故の収束、除染に全力を挙げて、一日も早く古里に帰りたいという思いを実現してほしい」と首相に要望。さらに突然声を荒らげて「中間貯蔵施設のこと、突然の話じゃないですか。困惑している」と抗議し「事故以来、猛烈に苦しんでいる県にとってはきわめて重い話。国としてしっかり対応してほしい」と求めた。 第2原発が立地する富岡町の遠藤勝也町長は協議会終了後「さっきは何のための会議だったんだ。どうして我々の前で(帰郷困難を)言わなかったんだろう。こっちに相談もなしに。とんでもない話だ」とあぜん。「除染もしてないうちに、そんな考え方を示されたら憤りを感じる。我々が一生懸命帰ろうとしているのに、水を差すようなことは言わないでほしい」と厳しく批判した。【種市房子、竹内良和】


毎晩居酒屋をハシゴしていると言われる人間の発言とは、到底思えない。
”菅直人”にとって、国民生活などはなっから頭になかったことの証だ。

保身第1の財務省に洗脳されたエセ政治屋には、粛清がふさわしい。


PS.
民主党代表選の共同記者会見・質問の報道を見たが、
質問する各局の質問者には呆れる。
政治も政治なら、マスコミもマスコミだ。
まさに、”マスゴミ”。
by MTBlook44 | 2011-08-28 11:19 | エトセトラ
”菅直人”、こいつの任期期間の発言について、やはり徹底検証する必要があるようだ。


菅直人首相は27日、東京電力福島第1原発事故の復興策を地元自治体と協議する福島復興再生協議会に出席し、放射能問題について「改めて専門家の話を何度も聞き、いろいろなものを検討しているが、本当に放射能についての考え方そのものが、なかなか理解できない」と述べた。首相は事故発生以降、海江田万里経済産業相と原発の再稼働問題などで意見対立を起こしてきたが、放射能に対する自身の知識が不十分な状況で部下である海江田氏の提案を信用せず拒否してきたことが浮き彫りになった。



おいおい、「俺は、原子力に詳しいんだ」と言っていたのは、何だったのか?

やはり、3.12の福島第1原発視察時に何があったのか、徹底検証する必要がある。
二度と、”菅直人”のようなパフォーマンス男・ペテン師を日本の首相にしないためにも、
徹底検証が必要だ。

東電も原子力委員会も本当のことを明らかにすべきだし、それが最低限の責務だ。

そして、二度と”菅直人”のような政治屋を生まないためにも、粛清が必要だ。
by MTBlook44 | 2011-08-27 22:36 | エトセトラ
チャウセスク菅の自画自賛というか、アホ丸出しというか、
被災地の人々が告訴してもよいのではないかと思う福島第1原発事故直後の視察について、


「そういう点では12日の早朝に、震災や津波の視察と合わせて東電福島第1サイトに出かけて、現場の責任者である所長にも会えて、意見交換ができたことは、私はその後のこの問題の取り組みに大変大きな意義があったとこう考えておりまして、そうした意味では、非常に意味のある行動であったと私自身は思っています」


だって・・・。


もう1議員(もうすぐ一般人)になるチャウセクス菅に「潰される」恐れる必要はなくなったのだから、
恫喝された東電も告訴を検討してはどうか?

本当は、議事メモか、録音があるじゃないの?

是非、チャウセスク菅の”世紀の大罪”を公にすべきだ。

やはり、みんなで言いたい「チャウセスク菅に粛清を!」
by MTBlook44 | 2011-08-26 21:03 | エトセトラ
史上最低の居座り首相のチャウセスク菅が、やっと退陣表明した
(自分が予想した”解散”ははずれ・・・)。

今日の退陣表明は確実視されていたこともあり、
今朝から新聞やインターネット記事では、堰を切ったように「ぼろくそ」に批判されている。


まずは、静岡新聞の「論壇」に、政治評論家の今井久夫氏が寄稿している。


(前略)菅首相は最後の最後まで国民に迷惑をかけている。任期中から菅首相の存在そのものが諸悪の根源といわれていたが、執念の二枚腰がまた裏目に出た。有終の美の反対現象だ。日本のリーダーを決定する段取りが、たったひとりの頑張りで、遅れに遅れ、そしてバタバタと決まってしまった。万死に値するとまではいわない(?)が、その罪は決して小さくない(後略)。


次にインターネット記事から、


菅直人首相の「退陣劇」は6月2日の意向表明から3カ月近くに及ぶ異例の展開となった。退陣を口にしてからも次々に新たな政策をぶち上げ、最後まで「延命狙い」との疑念は消えなかった。外交を含む政治空白に加え、民主党内の亀裂も拡大。「居座り」がもたらした損失は計り知れない。 内閣不信任決議案の可決を切り抜けたころから強気の発言がみられるようになった。国会会期延長をめぐって、民主、自民、公明の3党幹事長でほぼ合意していた「50日延長-早期退陣」路線を拒否。会期延長後の6月27日には自民党参院議員を政務官に引き抜くなど人事を断行、7月13日の記者会見では「脱原発」方針を表明した。 菅首相は事実上の退陣表明から47日後に退いた森喜朗元首相を大幅に超え「居座り宰相」として歴史に名を刻むことになる。


評論家やマスコミも今日になって言うのではなく、もっと早く言えって言うの!


毎晩居酒屋をハシゴしているふざけたチュウセスク菅は、「一定の達成感がある」などと、
戯けたことを言っているが、今こそみんなで言ってやりたい。


チャウセスク菅に粛清を!


与謝野、江田、6月2日の仕掛け人の北澤、引き抜き去れた自民党参議員(名前を忘れた・・・)も当然同罪だ。
by MTBlook44 | 2011-08-26 19:55 | エトセトラ