人気ブログランキング |

MTBルックで自転車通勤およびハローワーク編改め・・・


by MTBlook44

<   2011年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

サミットで、またもや菅総理が思いつきというか、
どこかの誰かの受け売りの「2030年までの早い時期に太陽光発電1000万戸実現」という大風呂敷を広げてしまった。

国際会議の場で、国内問題をぶち上げるあたり、全くの的外れ状態もいいところで、
だれも本気にはしていないだろうが・・・。

恐らく日本で太陽光発電の普及が困難な理由をまったく理解していないだろう。
本来はよい考えなのに、こんなばかな発言で終わってしまうことが残念だ。

つくづくこの「菅直人」という人物は、
「海水注水を了解していない」発言といい、国民にとって不利益になることばかり発言する。

いい加減に、辞任してくれ!
by mtblook44 | 2011-05-29 19:04 | エトセトラ

3度目のMRI検査

今日、3度目のMRI検査を受けた。

前回2回は「頭」だったが、眼科・神経内科ともに「異常は見当たらない」とのことで、
今回は部位を変えて、「首」と「脊髄」。

結果の説明は、6月3日だ・・・。
by mtblook44 | 2011-05-28 22:38 | エトセトラ
サミットで、原発事故の情報の透明性を訴えた菅総理だが、
もっとも、嘘つきで”不透明”なのは、菅総理自身だ。


冗談も休み休み言え!

全く日本の恥さらしだ!!

兎に角、即刻総辞職しかない!!!

by mtblook44 | 2011-05-28 22:36 | エトセトラ
一体日本のマスコミは、どうなっているのか?

菅総理の意向を重んじた東電本社の「注水中断」の決定を無視し、
注水を継続した福島第1原発所長への責任転嫁へ乗っている・・・。

糾弾すべきは、現場で命がけで「右か、左か」の判断を迫れているのに、
「消極的肯定」と「消極的否定」で保身を図る輩だ!

前者は、「再臨界の可能性は”ゼロ”ではない」と言った斑目委員長であり、
後者は、「注入を”了解”しなかった」とされる菅総理である。


こんな”卑怯極まりない人物”が、日本のトップであることが許されるのか!

自民党は、死ぬ気で内閣不信案を明日にでも提出すべきだ!!
by mtblook44 | 2011-05-26 23:32 | エトセトラ
原発注水中断問題が、またまた予想外の展開になってきた。


東電によると、海水注入は3月12日午後7時4分に開始。21分後の午後7時25分に、首相官邸に派遣した東電社員から「首相の了解が得られていない」との連絡が東電本店にあったため、本店と原発でテレビ会議を行い、注入の停止を決定した。しかし、吉田所長はその決定に従わず、独自の判断で注入を続けたという。


結果論として、「注水中断」はされず、
「注水中断」によって状況が悪化したことはないとのことのようだ。

これで、官邸と東電はこの問題の幕引きを図っているようで、
マスコミもその流れのような雰囲気だ。


でも、ちょっと待てよ。


「首相の了解が得られていない」との東電本店の判断で、
「注水中断」の指示が出されていたことが明らかになったわけだ。

菅総理は、「注水中断の指示はしていない」というが、
「注水を了解していない」ということは、「中断しろ」と言っていることと同じだ。


なんで、これで”幕引き”になるのか?


「言葉の言い回し」で、責任回避ばかりする菅政権は、絶対に許されないぞ!!


”嘘つき菅内閣”は、即刻総辞職しろ!!
by mtblook44 | 2011-05-26 21:34 | エトセトラ
早くも疑惑の3月12日について、ボロが出始めた。


政府関係者によると、枝野幸男官房長官が17日に報告書作成チームの設置を公表する前に、共同通信がチーム設置や骨子案を報じたことなどを受け、秘密保持を徹底し、内容は「ノーコメント」と答えることを申し合わせた。 また、チームの責任者である細野豪志首相補佐官が連日行っている会見で一手に質問を引き受けた方が「省庁の作業がしやすくなる」との方針も確認されたという。 その後、関係者は「内容は検討中で、今言えるものではない。(外部の検証は)対策本部のことなので承知していない」(高木義明文部科学相)、「(今後の動きが)どうなっていくのか、はっきりしない」(班目春樹原子力安全委員長)などとし、報告書についての明確なコメントを避けている。 報告書は6月20日からウィーンで開くIAEA閣僚級会合に向け、今月24日に来日するIAEAの専門家の協力を得て事故の評価や現状、教訓をまとめる。骨子案には、放射性物質拡散のシミュレーションが公表されずに厳しい批判を受けたことが記載されないなど、政府や東電の取り組みを前向きに紹介する内容が目立つことが明らかになっている。


国民をバカにするのも、いい加減にしろ!
by mtblook44 | 2011-05-22 20:22 | エトセトラ
東日本大地震が起きてから、2ヶ月たって、
東京電力が小出しに情報を公表し、3月12日の疑惑が焦点になってきた。
日曜日の今日も情報解釈がそれぞれの立場で異なっていることが明白になった。

常識的に考えると、東京電力は隠蔽体質そのままで、嘘つきは菅総理とその周辺だろう。

東京電力もいい加減に正直に公表すべきだ。
また、菅総理とその周辺はいくら否定しても、
真実が暴かれるのはそんなに遠くないと覚悟すべきだ。

擁護すべきは、菅総理ではなく、主権者である国民といい加減に理解すべきだ!
by mtblook44 | 2011-05-22 19:32 | エトセトラ

菅政権は、信用できない

3月12日の福島第1原発の「海水注入中断疑惑」が起きている。


政府・東京電力統合対策室は21日の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所1号機で東日本大震災の発生翌日に行われていた海水注入が中断していた経緯を説明した。この中で対策室は、内閣府原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長が3月12日、菅首相に「海水を注入した場合、再臨界の危険性がある」と意見を述べ、それを基に、政府が再臨界の防止策の検討に入ったとしていた。しかし、班目氏は21日夜、読売新聞の取材に対し、「再臨界の恐れなど言うはずがない」と対策室の説明内容を真っ向から否定した。


「菅政権と班目委員長のどちらが信用できるか」と言えば、間違いなく後者だ。

これまでのことを考えると、菅政権は全く信用できない。

「SPEEDI予測図疑惑」だって、そんな重要書類を担当者が、
自分のところで留めて置いたなんてことは、到底信じられない。
普通に考えれば、菅政権が保身のために、事実を捻じ曲げていると思える。
班目委員長は、自分が正しいのであれば辞職すべきだろう。

有事においては、後になって結果として判断が誤っていた」ということもあるだろう。
しかし、その過ちを再び起こさないために、その決定経過を正確に公表・検証する必要がある。
それを自己保身のために捻じ曲げる行為は、絶対に許されない。
菅政権は、その絶対に許されないことを次々に行っている。

いつまで、民主党は菅政権を支えるつもりか?
by mtblook44 | 2011-05-22 09:14 | エトセトラ
20日、東電が1兆2千億円の赤字の見通しの発表と、
社長交代の人事を発表した・・・。

福島県民からも非難の声があがっているが、
さすがにこの時点での社長(=最高責任者)の交代は、
”敵前逃亡”と言われても仕方がない。

特に清水東電社長は「体調不良」ということで、
一番大切な時期に現場を離れていた”前科”もある。

週刊誌によれば、その療養中に1億円のローンを返済していたとの報道もあり、
その真偽はともかく、そんな情報がでること自体異常だ。

命がけで、福島原発で働いている東電社員もやりきれないだろう。


この時期に”敵前逃亡”するのであれば、私財没収は当然だろう。


菅総理といい、清水東電社長といい、最悪にときに東日本大震災が起きたものだ。
by mtblook44 | 2011-05-21 00:37 | エトセトラ
与謝野氏が、民主党に1本釣りされ、トチ狂ったと思ったが、
やはり、それは間違いなかった。


与謝野馨経済財政担当相は20日の記者会見で、福島第1原発事故について「神様の仕業としか説明できない」と述べた。その上で「神様の仕業とは自然現象だ。人間の予想や知恵をはるかに超える津波が起きたのは自然現象であり、あたかも原子力事業者が事故の発生原因まで責任を負わなければいけないという言動があるのはおかしなことだ」と指摘し、過剰な東京電力批判に疑問を呈した。


「神様の仕業」だと?


ふざけるな!


現代の政治家が絶対に、口にしてはならない言葉だ!!


こんな発言をする人物が、政治家をする資格はない。
与謝野氏は、即刻議員辞職すべきだ。


菅総理といい、現政権は国民にとって、”最大不幸政権”だ!
by mtblook44 | 2011-05-21 00:24 | エトセトラ