人気ブログランキング |

MTBルックで自転車通勤およびハローワーク編改め・・・


by MTBlook44
カレンダー

<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

W杯南アフリカ大会アジア最終予選、日本VSカタールの試合だが、
先日のウズベキスタン戦は、出場決定が掛かっていることとアウェーということで、
守備以外ほとんど収穫がなくても仕方がなかったが、
今日のカタール戦はいただけない・・・。

戦術というか、先発メンバーが完全に失敗。
ベンチが何を確かめようとしたのか、素人には全くわからなかった。

いくら中村俊輔でも、中盤1人ではパスカットされるは、ボールを取られるはで、
もうすこし早く交代させてもよかったと思う。
遠藤、長谷部が欠けるのであれば、
初めから松井や本田を使ったほうがよかったのではないか。

今日の先発メンバーでは、中盤のパス回しが全くなく、
ボールを持っている選手以外は足が止まっていて、
ロングパスの短調な攻撃のみで、
まるで昔のサッカーを見ているようだった。
悪癖の”キラーパス(一発狙い)病”の傾向もあった・・・。

闘莉王も熱くなるのはわかるが、最後上がりっぱなしはないだろ。
あれで失点していたら、目も当てられない。
ベンチは何を指示しているのか?
「本線ベスト4」を目指すというが、程遠い感じで恥ずかしい。

いろいろオプションを確かめられる試合だっただけに、収穫「0」は痛い・・・。
by mtblook44 | 2009-06-10 22:30 | エトセトラ
ここ最近、自民党・官僚政治へ怒りをぶつけて来たのだが、
ふとわれに返ると、少なくともここ数年自分も前向き・生産的なことは出来ていない。

つまり、「自分にとって生産的に出来ない」 → 「怒り」の構図。

逆に言うと、「生産的に出来なくても何とかなっていた」とも言えるのだが、
それもいよいよタイムリミット・・・。


家計崩壊・・・。


どうすればよいのか?

口を利かない妻にすれば、「何もやっていない」というところで、
一面当たっている・・・。
by mtblook44 | 2009-06-08 22:21 | エトセトラ
W杯南アフリカ大会アジア最終予選で、
日本代表がウズベキスタンを1-0で破り、
4大会連続出場を決めた。

が、試合内容はというと、日本ぺースは前半の序盤、
岡崎の得点とフリーキックからの大久保のシュート(オフサイド)までで、
後は防戦一方。
ウズベキスタンはランキングが日本より下位と言っても、
心配したようにプレースタイルは相性が悪い。

さらに、試合開始時にレフェリーがシリアと紹介されて、嫌な予感がしたのだが、
先制点とあわやのオフサイド・シュートからは、露骨なジャッジの連続・・・。

長友と中村俊輔がイエローカードを出された後、
2枚目を貰うのではないかと、ヒヤヒヤだった。

挙句に終了間際に、長谷部がレッドカードの一発退場。
その際もレフェリーに従わない長谷部にもヒヤヒヤだった。
出されてしまった以上、翻ることはないのだから、さらに事態を悪化させなくてよかった
(岡田監督も退席させられたが・・・)。

時間的にもロスタイムで、よかった・・・。
もう少し早い時間帯だったら、どうなっていたかわからない。
by mtblook44 | 2009-06-07 12:42 | エトセトラ
今週は、ちょっと気が滅入っていたのと、
お金とは直結しない仕事がちょっと入ったことなどで、
このブログの更新をご無沙汰してしまった・・・。

その間も麻生政権の迷走は健在で、
完全に「内閣不一致」状態。

麻生首相は、3人集(鳩山大臣、与謝野大臣、河村官房長官)に丸投げだし、
河村官房長官は、必死で返そうとするは、
与謝野大臣に至っては、「マスコミが騒ぐだけで、小さな問題(?)」で済ませようとしている・・・。


”小さな問題”だって・・・?


小泉政権が前回衆院選挙で争点にしたのは、
「郵政民営化」だけではないか?

その他は、国民が知らない間に2/3の力を使っていただけ。
その唯一の存在根拠を「小さな問題」だって??

ほんとに、与謝野大臣という人は事態がわかっていないのではないか???
確信犯とすれば、相当悪質だ。

その鳩山大臣の西川社長拒否問題が、
与党から民主党にまで飛び火しそうな様相だ。
鳩山代表が、自民党を離党し、民主党へ合流しようと呼びかけているらしい????

とんでもない話だ。
下手をすると、再び形成逆転しかねない。
by mtblook44 | 2009-06-06 22:24 | エトセトラ
麻生・自民党が選挙対策に次々と上げたアドバルーンだが、
早々と萎んでいる。

(1)厚労省分割問題
(2)世襲制規制問題
(3)日本郵政次期社長問題

特に(3)については、パフォーマンスのやり過ぎで、
鳩山総務相は自ら退路を絶ってしまったから、
辞任→落選は免れないか?

後、頼みの景気対策効果も与謝野財務相は効果を強調しているようだが、
雇用悪化+賃金低下で内需の落ち込みはこれからが本番だろうから、
一般国民への効果はほとんどない。

起死回生の手段は、再び禁じ手の”国策捜査”か??
by mtblook44 | 2009-06-02 23:50 | エトセトラ

”恐怖政治”の始まり

東京地検特捜部が、小沢元民主党代表秘書逮捕時のリークの嵐に比べ、
何のリークもなかった自民党・二階経産相の西松事件に関する不起訴が決まった。

当初の「自民党に捜査は及ばない」という漆間官房副長官の発言どおりの結果となったわけだ。

まあ、漆間発言をカモフラージュするためにさも捜査しているようなリークを流していただけだろうから、
当たり前の結果だろう。

さらにご丁寧なことに、衆院選挙へ秒読みになったこの時期の発表だ。
きっと、そろそろ小沢元民主党代表秘書の裁判に関するリークが始まるのだろう。

麻生総理はご満悦だろうが、
これで、”国策操作”ということが、はっきりしたわけだ。

東京地検特捜部も地に落ちたものだ。
いや、地に落ちたどころか、自分達に不利益な対象は強制排除するという、
民主主義国とは思えない”恐怖政治”の始まりだ。

阻止できるのは、国民による審判しかない。
by mtblook44 | 2009-06-01 20:50 | エトセトラ