人気ブログランキング |

MTBルックで自転車通勤およびハローワーク編改め・・・


by MTBlook44

2009年 05月 03日 ( 1 )

先週と今週の静岡新聞「大論詳論」はいただけない。

「世襲立候補制限」についての静岡新聞・主筆の論調だが、
新聞としてはかなり乱暴な現体制(自民+官僚内閣)擁護の内容だ。


特に今朝の表題は、

「亡国の世襲制限」

「何もかも”世襲”のせいにするな」


というもの。


なにもかも「世襲」のせいにだれもしていないし、
現在の日本をみると、明らかに弊害のほうが多いではないかという問題だ。

しかも、以下のように文中で自らその弊害性も認めている。


(前略)全国に名を轟かすような政治家の世襲者の場合、「看板」がどこの選挙区で出ようが換わらないだけの”力”を発揮する。つまり、「看板力」が「地盤力」まで補ってしまい、選挙区を変えて出馬する意味はそれほど大きくない。(後略)


だれも”全国に名を轟かすような政治家”を問題にしているのではない。
国民のために何を貢献したかわからない、
利権既得権だけのためような”政治屋”の世襲を問題にしているのだ。


姑息な論点のすり替えは、やめるべきだ。


また、「総選挙の集票として出てきた点」を問題点としているが、
これまで”タブー”とされてきた問題を選挙の焦点として何が問題なのだ?

自民党の菅選対副委員長も問題視しているではないか??

こんな現体制ぶら下がり・垂れ流し新聞・論調が、
日本の将来を危うくしているとも言える。
by mtblook44 | 2009-05-03 09:42 | エトセトラ