人気ブログランキング |

MTBルックで自転車通勤およびハローワーク編改め・・・


by MTBlook44
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

私見”2007参院選挙”

今朝の新聞にでかでかと、
「自民歴史的大敗」の見出し。

その理由は、年金記録不備問題、閣僚の失言の数々、
佐田前行革相・松岡前農相・赤城農相のカネ問題などが挙げられているが、
個人的には、「安倍内閣不信任」だと思っている。



第1には、選挙後半になって、安倍総理自ら
「わたしと小沢民主党代表、どちらが首相にふさわしいか」と問うたこと。

その結果、これだけ惨敗したのに続投とはどういうことか?
もし、自民党が対等の勝負をしていたら、
きっと、「私は信任された。」と主張していただろう。

子供の教育上も”うそ”は許されないと思うし、
国際的信用もなくなるのではないか??



第2に、安倍内閣がどちらを向いているのか、
国民が気が付いたのではないか。

当初、年金問題も「不安を煽る危険性がある」と主張し、
官僚と同じく「不作為」で済ませようとしたり、
閣僚の失言問題でも、身内ばかり擁護していた。

諸々の法案を成立させた実績を主張しているが、
その内容が本当に国民のためのものだったのか。
信用されているとはとても思えない。



静岡新聞の解説に「安倍政権に不信任」との見出しがあったが、
これが本当の理由だと自分も思う。

それでいて、早々と続投を宣言してしまう政治センスには驚かされる
(テレ朝の解説者は、初め「ガセ」でしょうと言っていた・・・)。
by MTBlook44 | 2007-07-30 23:19 | エトセトラ