人気ブログランキング |

MTBルックで自転車通勤およびハローワーク編改め・・・


by MTBlook44
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

情報と実体

テレビや新聞で話題になっている「直立レッサーパンダ」で、
改めて気が付いたことがある。

動物園関係者によれば、
レッサーパンダが直立することは、
さほど珍しいことではないのが、”現実(実体)”だった。
したがって、「レッサーパンダが直立する」という情報に価値があるとは考えていなかった。
しかし、一般人には、「レッサーパンダが直立する」という”情報”に、価値があったのだ。

でも、ここにひとつの”仕掛け”がある。
「風太」の立ち姿が、あまりに美しかったことだ。
これが、一般人に”感動”という付加価値を付けた情報となり、火がついたのだと思う。
事実、「風太」以外のレッサーパンダの立ち姿には、正直に言って感動がない。
おそらく、「風太」以外ではこれほどまでのブームにはならなかっただろう。
だが、一旦火がつくと、そんなことはどうでもよくなり、
「直立」ということだけが情報になり、
その情報価値はどんどん無くなくなり、”実体”に戻っていく・・・。

経営が厳しい動物園では、
情報の価値に気が付き、次の情報を模索しているらしい。
それはそれでよいこと(企業努力として当然)だと思うが、
「風太」のようなことは、なかなか難しいと思う。
動物の面白い行動だけでは、”感動”がないからだ。


自分に戻って・・・、


ここ数年昇給がなく、ボーナスがでない会社の状況で、
自分のファイナンシャルプランが崩壊していることに気が付き、
「小金持ち」、「ライフワーク」、「通販サイト」、
「株」、「メールマガジン」などの本を読んできたが、
これらには共通点があると思う。

「お金を稼ぐ(若しくは、幸せなになる)」という、
最も一般人に関心がある内容について、
”実体験”を”情報”としているということ。
さらに、この”実体験”に”感動(若しくは、自分もできるかもしれない)”が付加されている。
しかし、一般人には、この”実体験”が難しい。
自分もここで悩む・・・・。


でも、ここにどうも”仕掛け”があるように思える。


つまり、”一定の環境を作る(ここもポイント)”ことに成功すれば、、
本当はそこまでの実体がなくても、
演じつづけれることで(情報を出しつづければ)、
実体がついてくるということではないか?
「嘘もつきとおせば、真実になる」という・・・。
だから、成功した人は「やるか、やらないかの違い」というのではないか?

もう1つの壁は、
多くの40代以上の世代は、バーチャル世界に恐怖があり、
リアル世界(実体)にしがみつく。
30代以下は、バーチャル世界(情報)こそ全てと考え、席巻していく。
「団塊の世代」の定年問題(実体の喪失?)は、そこにあるような気がするし、
最近、「実体のある情報」ではなく、「情報のための情報」が多いような気がする・・・。


うーん、この手の本は、当分終わりにしょう!
午後は、MTBルック1号で公園に行ってきます・・・。
by MTBlook44 | 2005-05-29 11:00 | エトセトラ