人気ブログランキング |

MTBルックで自転車通勤およびハローワーク編改め・・・


by MTBlook44
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

”嘘”が前提の金融政策論

今日の静岡新聞の「論壇」に経済評論家の竹内宏氏が寄稿している。

「企業減税が経済再建の一歩」としているのだが、
素人的にも分かりやすい現状分析をしているが、
これは”嘘”だろという前提も”一部”ある。
しかしその”一部の嘘”が、「企業減税 → 消費税増税」の複線としか思えない。

その”嘘”というのは、


日本経済は弱くなり、財政支出を拡大しても、景気は動きそうにもない。
もし子ども手当てが増額されたとしても、普通の親は、
将来が心配だから一部を貯蓄に回すだろう。
熟や子供用品メーカーの従業員は、将来に備えて、
増額した残業手当の一部を貯蓄するに違いない。
政府が財政支出を増やしても、個人消費は伸びず、
銀行預金が増えるだけと言う結果になりそうだ(後略)。


はあー。
何を言っているの?


1万3千円の子供手当ての一部を貯蓄に回して、それが貯蓄と言えるのか??
ボーナスや所得が減っているから、「貯蓄」としても”超々短期”の貯蓄だろうが???

増額した残業手当てだって????
いくら増額したというのか??????
それも流石に業種を特定しているが、景気回復の恩恵にあったのは、
エコカー補助金や家電エコポイン関係の大手亡国企業ほか、ほんの一部の企業だけだろう。
by mtblook44 | 2010-09-04 08:00 | エトセトラ