人気ブログランキング |

MTBルックで自転車通勤およびハローワーク編改め・・・


by MTBlook44
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

初音ミクの中国曲、削除・・・

ちょっと前に、中島みゆきの「ひとり上手」をYouTubeで検索しているうちに、
「ヴォーカノイド・初音ミク」を知った。

ヴォーカノイド:歌声合成ソフト・・・

いやー、とにかく驚きだ。
その後、いろいろ検索してみると、
「初音ミク”たち”」のジブリ・シリーズがあることを知り、
特にアカペラ・シリーズには、心が癒された。


「めぐる季節(魔女の宅急便)」

「やさしさに包まれたなら(魔女の宅急便)」

「君をのせて(天空の城ラピュタ)」

「カントリーロード(耳をすませば)」



海外にもファンが広まる「初音ミク」だが、
中国の20歳の若者が、投稿した中国曲「月・西江」が、
「荒らし」にあって、削除されたとの記事があった。

日本語用ソフト「初音ミク」を使って、
中国語で歌わせたとのことで、
その技量が注目されていたらしい。

日本語用ソフトで、中国曲?
どうやっているのだろう??
是非、聴いてみたかったのだが・・・。

その説明文には、
「みなさんのご声援、ありがとうございました。
でも、この動画のせいでみなさんがなかよくなれないより、
消したほうがいいと思っているのです」
とのコメントが日本語で記載されているという・・・。

推測だが、おそらく純粋な気持ちで作成したんのではないか。
日本人から中傷されるだけでなく、
文化の違いからか本土の中国人と台湾人から「下品」といわれたり、
20歳の若者の気持ちを考えると、残念だ。

上海万博PRソングの盗作問題や、
東シナ海での軍事行動を見る限り、
中国が”脅威”であることは間違いないが、
民間技術・文化の交流・相互理解が、
真の抑止力になるのではないかと思うと、
重ねて残念に思う・・・。
by mtblook44 | 2010-05-15 23:46 | エトセトラ