人気ブログランキング |

MTBルックで自転車通勤およびハローワーク編改め・・・


by MTBlook44
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検察糾弾は、マスコミの使命

小沢民主党代表秘書逮捕事件が、うやむやのまま収束されようとしている
(政府高官主導のクーデターとしては予定どおり?)。

この重大事について、今朝の静岡新聞・論壇でも掲載されていた。


2009.4/22 静岡新聞・論壇


西松事件と政局の展開


攻守所を変えて綱引き

 政局は”西松事件”の勃発で、民主と自民が攻守所を変えた趣きとなった。(中略)西松事件は今のところ2,100万円の政治資金規正法違反事件にすぎない。(中略)2,100万円というのはいわゆる”別件”で、そのあと談合の仕切りないし、贈収賄事件が”本件”として浮上すると誰もが思っていた。
 前特捜部長で、特捜12年の経験を持つ宗像紀夫・中央大教授(弁護士)は4月20日、日本記者クラブで公演し「検察は政治状況を認識しながら事件究明を進めるのが常識だ」と延べ、今回の西松事件が、2,100万円の別件だけで終わるとしたら政治的に「実に悪いタイミングだ」と断じた。二階俊博経産相ら自民党側にも20人ほど、献金の受領者がいるが、同じ基準で事件捜査は行われるべきだという。


尻すぼみでは検察批判

(中略)しかし今回はいわば史上初めての政権交代が起きようかという時に些細な事件によって国民の選択を迷わせることになった。宗像氏は検察のモットーは「不偏不党」でなければならないと強調し、西松にかかわる報道は検察のリークであると指摘した。(中略)「しかしこの一方的な記事や不偏不党でない姿勢を糾すのはマスコミの重要な使命でもある」とマスコミの覚醒を促した。(後略)


自分が今回の事件に思ったことを、
検察の元エースといわれた人物が論じてくれた。
マスコミは、今回の事件で片棒を担いだとも言えるのだから、
今度は検察を糾弾するのが使命であろう。

麻生自民党は既に戦勝ムードで、
鳩山総務相に至っては、「支持率は50%あって”しかるべき”」などと、
厚かましい発言をする始末・・・。

このまま終わるのであれば、
「国策捜査」+「官僚クーデター」と言われても仕方がなく、
後世に残る汚点となるだろう・・・。 
by mtblook44 | 2009-04-22 22:57 | エトセトラ