人気ブログランキング |

MTBルックで自転車通勤およびハローワーク編改め・・・


by MTBlook44
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

公益法人と銀行の”常套手段”

公益法人の漢検協会で辞任した前理事長・副理事長のファミリー企業3社が、
協会の委託業務を別会社に再委託し、2008年までの3年間で、
約35億円の”差益”を上げていたことが判明した。

おそらく”随意契約”というやつで、丸投げのようだから、
まさしく”暴利”を上げていたことがわかる。

「休日高速道路1000円」で注目のETCも、
天下り先の公益法人に多額の利益が流れることで問題になりつつあるようだが、
”随意契約”は、公益法人の”常套手段”でほとんどの公益法人がやっていることだと思う。
官僚や天下り先に莫大なお金が流れるようになっているわけだ。

やっと、多くの国民も官僚や公益法人に食い物にされていることが理解できたようで、
漢字検定申込者が激減だという。

良いことだし、資格制度には利権が絡んでいるので、
漢字まで食い物にする漢字検定はボイコットすべきだ。


もう一つの”常套手段”は、銀行関係。
静岡県の建設会社が、
地銀支店長から、「支店用の建物を建てて欲しい」と持ち掛けられ、
これに応じて土地を購入し建物も建てたが、
20年以上出店計画が進まないまま融資金の返済をさせられたとして、
地銀を相手に損害賠償を求める訴訟を起こした。

「全く必要のない土地建物を購入させられた」と主張しているらしく、
真実のほどはわからないが、
これも銀行の”常套手段”で、
「貸しはがし」されて乗っ取られなかったのはましなほうか?

普通銀行を敵に回すと、企業としての存続が危ぶまれ、
訴訟を起こすことはまずないので、表面に出てくるのは珍しいと思う。

前にも書いたが、”諸悪の根源は銀行"とも言える。
by mtblook44 | 2009-04-18 20:30 | エトセトラ